大河ドラマ 樹里から松ケンへ

現在放送中のNHK大河ドラマ『江〜姫たちの戦国〜』で主人公・江を演じる上野樹里と、来年の同ドラマ『平清盛』主演の松山ケンイチが6日、東京・渋谷の同局で行われた「主役バトンタッチ式」に出席した。上野は「今までにない松山さんが見られると思う。日本中のみなさんが期待していると思うので頑張って」とエールを送り、松山は「励ましの言葉をもらって嬉しく思い、気が引き締まります」と感謝した。

【写真】ソロショットなど、その他の「主役バトンタッチ式」画像

 真っ黒に日焼けした扮装姿の松山に、上野は「『江』とは違う作風になると思う。『江』とは描写が全く違う世界が見られると思うので、楽しみ」と期待。また1年以上に渡る撮影を全うした“先輩”として「健康にいいことはみんなで情報交換して試したり、メンタル的なバランスを保ってやることも大事。大声を出すこともあると思うので、のどのケアもしていただきたい」とアドバイスを送った。

 51作目の大河ドラマの主役を張る松山は「50年も、勇気や元気、前向きな気持ちを伝えているドラマ」と改めて同ドラマの歴史を振り返り「ドラマや映画って、心の栄養剤だと思ってる。被災された方や、心が疲れている方にとって、僕らが一生懸命表現すれば届くと思っている。このドラマには『生きることに夢中になってみよう』っていうテーマがあるので、たくさんの方に観ていただきたい」とアピールした。

 また体調面のアドバイスを上野から受けた松山は「食事のことも気を遣ってる。あと、大事なのは(時間が)押さないこと。きちんと帰って寝ることが大事だと思う。そうですよね、撮影のみなさん!」とスタッフに向かって呼びかけると、上野は「撮影の時間は読めないですね〜。役者陣が主張して守っていただければ」と苦笑交じりにお願いしていた。

 恒例となっているそれぞれのドラマの舞台となる地域の名産品交換では、上野が劇中で養父・柴田勝家や母・市らと過ごした故郷、福井県の「越前ガニ」を贈呈。松山からは舞台の1つとなる広島県の名産品「熊野筆」が贈られた。

 大阪夏の陣で江と姉・淀(宮沢りえ)との別れが迫っている大河ドラマ『江〜姫たちの戦国〜』最終回は11月27日(日)放送。『平清盛』は1月8日(日)午後8時より放送(初回は73分の拡大版)。

  

ガンプラ日本一が決定 W杯へ

アニメ「機動戦士ガンダム」のプラモデル「ガンプラ」の世界一の作り手を決める「ガンプラビルダーズワールドカップ(W杯) 2011」の日本代表選考会が6日、東京・秋葉原の「UDX AKIBA_SQUARE」で行われ、「シナンジュ」をベースにした山口達彦さんの作品「願い」が1位に輝いた。また、14歳以下が応募できるジュニアコースでは、畑めいさんが作製した「ザクとの戦い」が優勝。この2人が日本代表として、12月に香港で行われる世界大会に出場する。

【写真特集】ガンプラビルダーズW杯が行われた「ガンプラEXPO」の様子

 「ガンプラビルダーズW杯」は今年初めて開催される大会で、日本のほか中国、韓国、台湾、シンガポール、米国、イタリア、豪州など世界13カ国・地域が参加し、12月25日に香港で世界大会が開催される。日本代表選考会は、同所で行われた「ガンプラ」の祭典「ガンプラEXPOワールドツアージャパン2011」内で開催。ジュニアコース含め、30体のエントリーの中から、一般投票と特別審査員の最終審査をへて、日本チャンピオンが決定した。

 優勝できると思わなかったという山口さんは、表彰式で「この賞をいただけて光栄に思う」と喜びを表現し、世界大会に向けて、「日本の代表として恥ずかしくないように戦っていきたい」と意気込みを語った。

 山口さんの作品について、特別審査員を務めた「電撃ホビーマガジン」の安蒜利明編集長は「白が美しく、印象的な作品。世界と戦うにはこういう派手さが必要」と評価。同じく特別審査員の「モデルグラフィックス」の高久裕輝さんは、「一体どのように作ったのか不思議になるぐらい非常にいろんなテクニックが詰め込まれた作品」と絶賛していた。イベントの司会は人気声優の池澤春菜さんと“ガンプラ名人”で有名なバンダイの川口克己さんが担当した。(毎日新聞デジタル)